PAST & RECENT WORKS
実績紹介
世界初『煙のないサーキット』プロジェクト
26
Nov

世界初『煙のないサーキット』プロジェクト

2021年11月26日より、日本を代表する国際サーキットの富士スピードウェイ株式会社様は、米たばこ大手の
フィリップ・モリス社が掲げる『煙のない社会』の実現へ向け、場内全域に加熱式たばこ専用エリアを設けて
世界初の『煙のないサーキット』として生まれ変わりました。来場者に安心、安全かつ快適に過ごすことが
可能なモータースポーツの観戦環境をつくっていくとともに、この革新的な取り組みを通じて業界の先進的な
企業としてのリーダーシップを発揮し、更なる魅力や価値の向上を目指して今も継続的におこなわれています。
 

軸となるプロジェクト領域

  • ブランディング関連プロジェクト
 
 

Beeans Inc.の加入前

富士スピードウェイ株式会社様は、年間約100万人の来場者を誇る
国内最高峰のサーキットであり、幅広い年齢層の方が足を運びます。
一方で、紙巻たばこの煙による受動喫煙への対策、歩きたばこの火の
危険性等への問題意識がありました。また、禁煙や分煙が進むなか、
施設としてより良い喫煙環境を整備していく課題を有していました。
 

Beeans Inc.の取り組み

これらの課題を解決するため、『煙のない社会』の実現をビジョンに
掲げられるフィリップ モリス ジャパン合同会社様と3社にて協働し、
関係者用を含む20ヶ所の喫煙所を、加熱式たばこ専用室・エリアに
新設しました。また、これに伴い合同発表会やプレスリリース配信を
おこなうことにより、対外的にも大きな効果を発揮いたしました。
 

プロジェクトの成功

合同発表会では25社(36名)の新聞社やTV局の方々に取材いただき、
リーチ数は3.5千万で広告換算額は1.3億円にまで上り、総計179件の
メディア露出を達成しました。また、富士スピードウェイ株式会社様の
魅力や取り組みへの話題性を発信することにも寄与しました。より
良い環境づくりが評価された結果、ブランド力の向上に繋がりました。
主なメディア露出(2021年)
■オンライン:朝日新聞デジタル・東洋経済オンライン・
       読売新聞オンライン・YAHOO!ニュース 他多数 
■新聞:スポーツニッポン・日刊スポーツ・サンケイスポーツ・
    デイリースポーツ・スポーツ報知 他多数
■テレビ:TOKYO MX 12月6日『堀潤モーニングFLAG』
     千葉テレビ 12月8日『モーニングこんぱす』
     テレビ神奈川12月8日『猫のひたいほどワイド』 他多数

 

通常:最大  5 社からの 業務支援が必要

 
 

 Beeans Inc.であれば、
1 社での業務支援が可能

 
 
 
 
 
 
 
ALBUM
424